何かを練習する際、最初から「弾ける」を目指すのはやめよう

前から言っていますが、楽器の練習において、「弾ける」は一番最後にできればいいことです。

そして、「弾ける」ようになるためには、「(あえて)弾けない、弾けていない」から入らないと後で必ず問題が起こってきます。

例えば、ある難しいフレーズを練習するとします。

その際、もちろん目的は「弾ける」です。

ですが、最初からそれを目指すことによって、ピッキングが歪になったり、押弦が強すぎたりしてしまいます。

また、無理なテンポからいきなり練習してしまう人もいるでしょう。

そうすることによって、より弾き辛くなってしまったり、力みが癖になり弾けそうだったのが弾けなくなったりしてしまいます。

ここで発想を変え、「最後に弾けるようになればいい」とすると、少し気が楽になるはずです。

 

まずテンポを下げ、ピッキングもフィンガリングもゆっくり、リラックスした状態からはじめます。

この時点では全然なにも弾けていません。

しかし恥じることは何もありません。

まだ最初の段階なのですから。

そして、十分リラックスした状態で奏法が理解できてきたら、ちょっとずつ「弾ける」を目指していけばいいのです。

それをせず、最初から「弾ける」を目指すと、歪なフォームでずっと練習することになります。

 

「弾ける」は、パズルの最後の1ピースのようなものです。

最後の最後にそれがはまれば大成功なのです。

それを、最初の1ピースからはめようとするからおかしくなってしまうのです。

最初はちゃんと弾けなくてもいいので、そこからひとつひとつ積み上げていき、最終的に弾けるようになればいいのです。

では何をどう積み上げていくのか?

そのへんは文章では難しいので、レッスンで。

 【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】