【広告】

力みの原因は力んでいる箇所にあるとは限らない

速弾き研究をしていて発見したことが、力みの意外な原因です。

例えば、ある箇所でピッキングがどうしても詰まってしまうことがあり、よくよく注意してピッキングを観察してみると、その箇所で一瞬力んでしまっていることを発見しました。

それが分かったら、今度は力みの原因を探っていきます。

この作業にかなり難航しました。

あれこれとフォームを変えてみたり、ピックの持ち方を工夫してみたのですが、一向に力みは改善されません。

もう一生分からないんじゃないかと諦めたとき、ふと左手のフィンガリングに目がいきました。

そして、ピッキングが詰まる箇所のフィンガリングをよくよく観察してみると、そちらで非合理的な運動をしていることがわかりました。

フィンガリングを修正し、改めて同じフレーズを弾いてみると、嘘のようにピッキングから力みが取れていました。

 

と、このように、ピッキングの力みの原因は、ピッキングにあるのではなく、逆の手の緊張にあるということが発見できたのです。

人間の体は全て連動しているといわれますが、それを自分の身体ではじめて発見できました。

これを拡大解釈すると、両手だけでなく、背中や腰、足の緊張も演奏に関係してくるんでしょうが、さすがにそこまではまだ分かりません。

が、とりあえず一方の手が緊張していたら逆の手を調べてみよ、という新たな法則が発見できました。

これはレッスンでも大いに役立ちそうです。

 【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】