エレキギターにおける二種類のフィンガリング(運指)

エレキギターには、二種類のフィンガリング(運指:左手での弦の押さえ方)があることを最近発見しました。

それは、「ベタ指」と「立て指」です。

 

ベタ指

指の腹で弦をベタっと押さえる。

指は指板と並行に近くなる。

*発音にレイテンシーが生じる

レイドバック、あえてタイムを揺らした演奏に向いている。

 

立て指

指板に対して指を垂直に立てるようにして、指の腹ではなく、爪の近くあたりで弦を押さえる。

*押弦から発音までがベタ指よりも早い

 速弾きなど、タイムに正確な演奏に向いている。

 

ベタ指と立て指で発音までの時間が違います。

ベタ指では指の腹の柔らかいところで押さえるので、思ったよりほんの少しだけ発音に遅延が生じます。

一方、立て指は、比較的肉の硬い部分で押さえるので、意識と発音がほぼ同時になります。

 

僕はある時期からずっとベタ指で押弦していました。

というのは、ベタ指にすると、レイドバックやタイムの(自覚的な)揺れを表現しやすいことに気づいたからです。

当時はビバップしかやってなかったのでこれだけでこと足りましたが、最近の速弾き研究で、どうもあとちょっとのところで指が追いつかないという問題から、このふたつのフィンガリングを明確に理解できるようになりました。

速弾きが得意な方はベタ指で色気のあるタイムを獲得したり、ベタ指が得意な方は立て指でかっちりしたタイムを得るなど、使い分けると幅が広がると思います。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 
ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

 

 

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】