【広告】

速弾き練習のちょっとしたコツ

速弾きを練習していて(正確には速弾き練習の研究ですが)いくつか分かってきたことを書いておきます。

 

流れで弾けない

あるフレーズが弾けないとき、その前からの流れが悪いから弾けない場合があります。

恐らく、前のフレーズで腕が固まってしまい、そのまま弾いているので問題が発生するのでしょう。

弾けないフレーズがあったときは、それだけを抽出して練習するのではなく、一つ前のフレーズから流れで弾いてみましょう。

すると意外な盲点に気づくかもしれません。

 

右手が硬いのは左手が力んでいるから

これは最近再発見したことです。

例えば、ピッキングが固まってしまい、どうしても弾けないという場合、意外とそのフレーズの運指が固いということがあります。

そして、左手を改めて脱力していくとなぜか右手が急にスムーズになることがあります。

当たり前のようで、ちょっと不思議な現象です。

ピッキングがどうもできてないと思ったら、一度そのフレーズの運指を見直してみましょう。

左手の緊張が取れたらいつの間にかピッキングも柔らかくなっているかもしれません。

また、逆もあるはずです。

運指がどうしても固くなってしまう場合は、一度ピッキングを見直してみましょう。

速弾き・スウィープの身体操作 (ギタリスト身体論外伝)

速弾き・スウィープの身体操作 (ギタリスト身体論外伝)

 

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】