回数をこなせばできるという幻想

ギターの練習法に多いのが、とにかく回数をこなせというもの。

他の楽器もそうなのかもしれませんが、ギターには特にこういった指導が多いような気がします。

もちろん、これでできるようになる人もいるでしょうが、多くの場合は無理です。

なぜかというと、できない人はできないように弾いているからです。

それを何度繰り返そうが、できるようにはなりませんし、むしろ、よりできなくなっていきます。

ある程度方法論を知っていればやり方が悪いのかなと予想できるのですが、方法論も何も知らない人は、単純に練習時間が足りないからだと勘違いし、(できないやり方で)回数をこなそうとしてしまうのでしょう。

 

何かができない場合、それは回数が足りないのではなく、のっけから練習法や、根本的な弾き方が間違っているのです。

なぜそれが断言できるかというと、レッスンで何かができない人に対し、正しいフォームや練習方法を教えると、すぐにできるようになる(あるいはできる萌しが見える)からです。

本当にスイッチが入ったかのように一瞬で変化するので、見ていてこちらが驚かされます。

何かが弾けない、できないという人は、とりあえず一旦練習の手を止めて、それとは別の方法を考えてみましょう。

自分で考えられない方は誰かに訊くか、教室に通うかしてみるべきです。

多くの教室は体験レッスンを実施しているので、めぼしい教室をピックアップして体験レッスンめぐりをしてみるのもいいかもしれません。

一番ピンと来た教室にしばらく通ってみるのもいいでしょう。

 

できない、を回数で克服することはまず無理です。

回数をこなせばできるようになるのなら、誰でも思い通りに演奏できているはずですからね。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】