読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

ジャズに人が集まらない理由 23.5 音楽の何を聴くのか

ジャズに人が集まらない理由

今回はテーマとは直接関係ありませんが、音楽の、あるいはジャズの何を聴くかという点でひとつクイズを出したいと思います。

 

以下の動画で、僕は明確な意志を持って「あること」を行っています。

まずひとつめはこれ。

【広告】

 

「ギタリスト身体論DVD」収録、僕のオリジナル曲「Taiwan」

www.youtube.com

残りはこちら。

ジャズメンには大変評判の悪い以下一連の演奏ですが、テーマの部分(最初から最後まで)で「あること」をしています。

記号、テクニック、タイムなどは一切関係ありません。

ソロとかバッキングはべつにどうでもいいです。

【広告】

 

www.youtube.com

 

以下の動画でもテーマでJust Friendsと全く同じことをしています。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

これら(Taiwan以外)を録ったとき、好き嫌いは別として、普通に何をやっているかぐらい誰でも理解してくれると思っていたんですが、SNSで訊いても全く反応がないので改めて。

もう一度言いますが、テクニック、タイム、音符、サウンド、フレーズ、身体操作、その他技術や記号、時間などは一切関係ありません。

譜面を見てないというのも「やっていること」ではありません。

もちろん、何らかのトリックとか言葉遊びでもありません。

やっているのは普通のことです。

「Taiwan」はぴたりと言い当てるのはかなり難しいでしょうが、他3つは普通に誰でも分かります……たぶん……そうあってほしい。

2010年あたりから、僕はこういったことをずっとやっています。

楽器を弾く方は暇つぶしに一度考えてみてください。

(脱線失礼しました)

ジャズに人が集まらない理由

ジャズに人が集まらない理由

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】