読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

MARTIN 000-28がやってきた

ギター 機材

我が家についにMARTINがやってきました。

f:id:k_yahata:20150311125903j:plain

f:id:k_yahata:20150311125913j:plain

 

どうやって入手したのかというと、父のお古です。

数年前にふらっと買ってきたにもかかわらず使ってないので「弾かないんならくれ」といって送ってもらいました。

で、アコギの知識は全くないので検索してみると、かなり古くからあるモデルらしいですね。

お値段も目ん玉飛び出そうでしたw

全然弾いてなかっただけあって傷もなく、音も若い感じですね。

鳴らしてみると、あんまりしゃりしゃりしすぎず、中域がしっかりしていてマイク録りでもよく抜けそうな音です。

【広告】

 

アコギ弾くのは久々ですが、やっぱりアコギは「鳴り」というものが存在しそうですね。

胴がしっかり響いてますし、弾き込んでいけばもっと音が変わりそうな気がします。

 

しかし、弦が押さえ辛い。

ピッキングも相当がしがし弾かないと胴がしっかり鳴らないし、つかれるギターです。

改めてエレキとの違いを認識しました。

両方弾く人は身体の使い分けが大変ですね。

まあ、「大変」なことを認識できていればましなんですが。

平気で両方弾いている人は明らかにエレキで強く弾きすぎ、押さえ過ぎです。

 

それにしても、いい楽器ってやっぱいいですね。

持った瞬間わかります。

しばらくニヤニヤが止まらなさそうですw

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com