【広告】

僕らがキッズだった頃、楽器屋はひとつの社会だった

1978年生まれの僕がまだギターキッズだった頃、楽器屋は社会の縮図でした。

商品を売る店員は、単なる「店員」ではなく、僕らを叱ってくれる「大人」であったり、ギタリストとしての「先輩」であったり、ちょっとした裏情報を教えてくれる頼りになる「お兄ちゃん」だったりしたものです。

 

僕らは僕らで、今でいう「お客様」とはちょっと違い、そういった「大人」や「先輩」「お兄ちゃん」に相談したり話を聞くために楽器屋に行っていました。

まだインターネットも携帯電話もない時代、楽器屋は「掲示板」であり、「SNS」であり、「質問サイト」だったのです。

そして、大人であり先輩でありお兄ちゃんである店員たちは、ときに厳しく、僕らを正しく導こうとしてくれていました。

 

あるとき僕がFenderのストラトを買おうとすると、「その値段ならもっといいのがあるよ」と教えてくれたのが、今でも愛好家の多いSeimour Duncanのストラトでした(今剛さんが使っていることでも有名)。

また、「ギターをこんな風に改造したい」と言うと、「それは故障の原因になるからお薦めできない」と断られました。

また、僕の友人が「誰それみたいな音を作りたい」と言うと、「君はどうしてその人の真似がしたいの?自分の音を作ったらいいんじゃないの?」と説教をし始めました。

 

こんな話は掃いて捨てるほどあります。

今だと「老害」と一蹴されるか、「こんなうざい店員がいた」とツイッターにでも書かれてしまうんでしょう。

ふとそうしたことを思い出してみると、僕が音楽やギターに関してかなり厳しい意見を言うのは、彼らの影響だったのかという気がしてきました。

当時言われてむかついたり傷ついたこともありましたが、今思い出してみると、正しいことの方が多かった気がします。

 

昨今は、「お客様至上主義」みたいなのが流行っていますが、それって実は、一番お客様を馬鹿にしているのではないか、と改めて思えてきます。

もちろん、当時がよくて今がダメだと言うつもりはありません。

インターネットの普及や、長引く不況、音楽産業の聚落で状況は全く違っています。

楽器屋業界も、昔より今の方がよくなっていることもあるでしょう。

ただ、ちょっと懐かしく思ったので書いてみました。

【広告】.

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】