目上の人の意見が理解できないのは自分が未熟だからだが、その未熟さも今の自分には分からない

もう10年以上前ですが、ある年上の方とよくデュオをしていました。

あるときその方が録音した音源を聴いて「ギターと歌が合ってない」と。

僕にはなんのことだかさっぱり分からないので、「いや、そんなことないですよ」と流してしまったが、なんとなく記憶には残っていました。

 

で、最近。

ふと、オケと上ものがちゃんと混ざっているか、分離しているかが分かるようになり、ああ、あのときあの人はこれを言っていたのかと納得。

もちろん以前からオケと混ざっている、混ざっていないという認識はありましたが、それはまだまだ表面的なこと(タイムとかサウンド)でした。

何故か最近、急にその感覚が深くなったらしいです。

 

目上の人の意見ってのは大事にするべきですね。

そのとき分からなくても、10年経って理解できるということがありますからね。

今回のケースはたまたま覚えていたからよかったものの、忘れて損していることもたくさんあるんでしょう。

そして、歳をとった自分が若い子に今後何を言うべきか、ということも考えさせられます。

【広告】.

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】