【広告】

楽器の練習を時間で計るのをやめよう!

楽器の練習は、昔も今も「時間」が基準になっています。

毎日○時間練習するぞ!とか、若い頃は○時間ぶっ続けで練習したとか、毎日○時間練習しないとプロになれないぞ、とか……。

 

練習時間と上達は比例しない、とこのブログや教本で何度も述べてきました。

ちょっと考えたら分かることです。

ではなぜミュージシャンはやたらと練習時間に言及するのか?

それは、

 

 ・自慢したいから

 ・安心したいから

 

のふたつです。

「俺は○時間練習した」と人に自慢したい、あるいは「○時間練習したんだから上達するはず」と安心したいのです。

しかし、自分自身を振り返っても、一番練習していた時期に得られたことは何もありません。

 

練習を自慢や安心のためのツールにするのはやめましょう。

無意味です。

はっとした人は、とりあえず練習時間を計ることと、それを口にする(SNS等に書いたりする)のをやめてみましょう。

そうすると、真の練習がみえてくるかもしれません。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】