【広告】

ギターの練習で大事なのは、弾けることではなく練習のやり方を身につけること

楽器全般に言えることですが。

ほとんどの人は、フレーズなり楽曲なりが弾けることを目指して練習します。

そして、弾けたらOKだとします。

もちろんそれはそれで上達したと言えるのですが、ある日突然弾けなくなって…みたいなこともよくあります。

 

本当に大事なのは、「何をしたらそれが弾けるようになったのか」を見つけて、それをストックしておくことです。

そうすればスランプもすぐ脱出できるし、長年弾いていなかった曲やジャンルもすぐにカンを取り戻すことができます。

「毎日練習しなきゃ下手になる、あの曲が弾けなくなる」という強迫観念に駆られている人は、おそらく結果にいたるまでの過程をあまり知らないのでしょう。

しかし、「あれとあれを練習したらすぐに感を取り戻せる」と分かっていたら、気持ちにも余裕ができますし、練習も今するべきことに専念できます。

 

「弾けた」「弾けない」は本当にささいなことです。

それよりも、その過程に目を向けましょう。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】