正しい音楽観を確立するには外に出て活動するしかない

現代は実態のない言葉で溢れかえっています。

ネット上では、誰だかわからない人が匿名でさも玄人のように楽曲やミュージシャンについてあれこれと意見(暴言?)を述べていたり、楽器についてアドヴァイスしています。

アクセスの手軽さと実態のなさで、ついついそれらを真に受けてしまう方も多いでしょう。

 

普通は、そういったあやふやな情報は、現実の情報(実際に出会ったプロの人などが言っていること)と相反します。

ですから、外に出て音楽を演奏したり、他人と顔を合わせて音楽談義をする人は、あやふやな情報を修正することができます。

が、そういったことをせず、最初から自宅でしか音楽活動をしない人、ネット上でしか音楽談義をしない人は、いつまでたっても実態のない情報に踊らされてしまいます。

 

正しい音楽観を身につけたければ、外に出て活動しましょう。

また、できるだけいろんな人と話したり、合わせたりしてみましょう。

そうすれば少しずつ世界が広がり、かつて正しいと思っていたことが間違いだった、あるいは間違っていると思っていたことが正しかったとわかります。

また、若いうちにそうしておくことで、後々、その貯金で暮らすこともできます(お金の話ではなく、知的財産という意味です)。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】