【広告】

アドリブでアウトが白々しく聞こえるのは、自己主張が強すぎるから

昔からアドリブのアウトが苦手でした。

やるのもあんまり好きじゃないし、聞くのはもっと苦手というか、嫌いです。

今でもそうですし、その傾向は強くなっています。

というのは、アウトしているところで、だいたい演奏が白々しくなるからです。

関西弁でいう「しらこい」ってやつです。

いかにも「勉強してきました」というとってつけたような使い方や、音合わせゲーム状態、「どうだ、このコードでこんな音を使う俺凄いだろ」という自己主張。

いずれも、聞いている方からすると、一瞬で冷めます。

「はいはい、すごいすごい」と。

 

ただ、アウトを本当に自分のものにしている場合は別ですが。

そういう演奏はしらじらしさがなく、純粋に興奮できます。

ギタリストのためのアドリブの入り口 ゼロから始めて誰でも学べる画期的アドリブメソッド

ギタリストのためのアドリブの入り口 ゼロから始めて誰でも学べる画期的アドリブメソッド

 

 

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】