ギターの練習で大事なのは要素

よく言われる、「これをやったらこれができる」という練習はないです。

例えば、このエクササイズをやれば速弾きができる、というもの。

なぜなら、技術の習得にはそれを行う人間の精神までも関係してくるからです。

速弾きには身体のリラックスが必要ですが、そのためには精神もリラックスしていないといけません。

単純にエクササイズをこなすだけで、そういった状態にまで到達できるかどうかは甚だ疑問です。

というか、教える側の人間として断言します、無理です。

で、今日はそういう話ではなく、要素について。

 

「これをやったらこれができる」はありませんが、「この要素が入っていれば練習は何でもいい」というものがあります。

それが、「脱力」と「まわりを聞く」ことです。

力を抜いてリラックスした状態でギターを弾くことを心がけていれば、練習は何でもかまいません。

それと同時に大事なのが、周りの音を聞くことです。

楽器の演奏は「弾く」と、「(自分の音も含めた周りの音を)聞く」という行為が同時進行して成り立っています。

が、多くの人は自分が弾くことだけに集中してしまいます。

そこでタイムのズレや、アンサンブルから浮いてしまっているという現象が生まれます。

そうならないために、練習から常に周りの音を聞く訓練を行っておくべきです。

逆に言えば、周りの音を聞きながらならどんな練習でも構いません。

 

改めて言いますが、練習そのものに価値があるのではありません。

練習は方便であり、大事なのは「何をやっているか」です。

その「何を」が、音楽にどれだけ重要な要素であるかということを考えてみましょう。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】