【広告】

ギターで伸び悩んでいる人はいっそやめちまおう

過激なタイトルですがw

完全にやめるということではありません。

期間限定で、1ヶ月とか3ヶ月とか、一度やめてみよう、という提案です。

 

僕はギターを持ってからずっと、ちゃんと練習してきました。

誰よりもとは言いませんが、音大でも周りから「よく練習するねー」と言われるぐらいにはやってました。

が、そのとき何を上達したかというと、あまり記憶にありません。

そして、あるときからちゃんとした練習をしなくなりました。

そうすると、アイデアがバンバン出てくるようになり、演奏も見違えるほど変わってきました。

脱力を発見したのもそれからです。

バンド活動やお金の発生する演奏活動をしている場合は無理かもしれませんが、趣味の人で伸び悩んでいる人は、いちど思い切ってやめちまうのも手です。

1週間ぐらい楽器をさわらないだけでもかなり頭がすっきりするはずです。

活動が急がしい人も、3日ぐらいならオフを作れるでしょう。

一度騙されたと思って実行してみてください。

確実に何かが変わります。

 

理論的には、デフォルトモードネットワークの活用ということになります。

脳に過去の出来事を整理する時間を与えるのです。

(下記「練習を休んだのに上達した?」参照)。

楽器は真面目に練習すな!

楽器は真面目に練習すな!

 

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

 

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】