ジャズが弾きたければとりあえずⅡ-Ⅴ(ツーファイブ)練習はやめよう

え?と思った方は要注意です。

既にⅡ-Ⅴ病にかかっているかもしれません。

 

ジャズを始めたとき、習っていた先生に「とにかくジャズはⅡ-Ⅴだ!」と言われて、必至で練習していました。

が、今になってみると(というかもっと前から)それがおかしいことに気づきます。

Ⅱ-Ⅴ練習ばっかりやっていると、そこだけやたらと流暢だけど他の部分が駄目という、かなりアンバランスなソロになってしまいます。

また、Ⅱ-Ⅴの箇所も、いかにも練習してきましたといったとってつけたようなフレージングになってしまいがちです。

それに、ビバップの名演をよくよく聞くと、それほどⅡ-Ⅴを重要視しているとは思えません。

ジョーパスとかクリフォードブラウンとか、ああいうコードチェンジを網羅していくようなスタイルの人は別ですが、ほとんどはもっと大らかにソロを弾いています。

 

レッスンでの僕の教え方としては、「とりあえず1フレーズを使い続ける」です。

それは、全体に統一感を持たせるためです。

Ⅱ-Ⅴはそれに慣れてきてからで十分です。

ただし従来のドリルのような練習は不要です。

ギタリストのためのアドリブの入り口 ゼロから始めて誰でも学べる画期的アドリブメソッド

ギタリストのためのアドリブの入り口 ゼロから始めて誰でも学べる画期的アドリブメソッド

 

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】