自宅での有効な練習方法 スピーカーと自分の位置関係を変えてみよう

自宅である程度音を出せる場合の有効な練習方法。

 

例えば、カラオケトラックに合わせて練習する際、恐らく99%の人が、スピーカーと向かい合って、いつも同じ距離で練習していると思います。

たまにはスピーカーを背にしてみたり、横を向いたり、距離を取ったりして弾いてみましょう。

するといつもと感覚が変わると思います。

 

いつも同じ位置で練習していると、本番で「いつもと違う!」とあせってしまうことがあるので、このようにときどき音の聞こえ方を変えてみるのもいい練習になります。

スタジオに個人練習に行ったときなどは色々試せると思うので、いろんな位置で弾いてみましょう。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】