自分がギターの音を作っているという自覚を持つ

僕は仕事柄、いろんな弾き方を試します。

そこで思うのが、つくずくギターの音は自分が作ってるんだなあということです。

いい音も、悪い音もです。

もちろん、機材のポテンシャルもありますが、定価で7、8万ぐらいのギターならちゃんと弾けば良い音が出ます。

 

しかし、多くの人は「いい音」を求めて機材を探求します。

アンプ、シールド、ピックアップ、ブリッジ、弦、などなど。

もちろんそれらも大事なんですが、自分の腕も同じぐらい(というかそれ以上に)大事なはずです。

しかしながら、その腕に対する探求があまりにもなされていないというのが、僕のギター観であり、教本のテーマでもあります。

 

これは何も啓蒙的なことではなくて、単に、機材を次々買い換えるより腕磨いた方が安上がりじゃん?というだけです。

そして、良い音を出す腕というのは、脱力している腕です。

じゃあ脱力って何?という質問には「ギタリスト身体論」で答えています。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 
ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

 

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】