ギターの初心者は16分音符を鍛錬すべし!

レッスンをしていて、改めて日本人は16のノリを最初から持っていないんだなと気づかされます。

おそらく母国語の持っているリズムの問題なのでしょう。

だからといって悲観する必要はありません。

訓練すればいいだけです。

メトロノームを120ぐらいに設定し、それに合わせて1弦開放を16分音符で弾きます。

このときの手順は、

 

 1、メトロノームに乗って身体を動かす。

 2、16を「タカタカタカタカ」と歌う(できるだけ大きな声で)。

 3、乗れてきたなと思ったら弾く。

 

大事なのは、1と2です。

ここをしっかり行い、身体に16のノリをちゃんと作れば、ピッキングはついてきます。

16はピッキングの技術が足りないから弾けないのではありません、ノリを持っていないから弾けないのです(ただし、左手を交えたものや、速すぎるテンポは別)。

だから16のノリを身につけるために、1と2の行程が絶対必要なのです。

 

また、ギターを持って練習できないときは、iphoneなどで音楽を聴きながら、リズムに合わせて「タカタカタカタカ」と16分音符を歌うだけでも練習になります。

 

16のノリをきっちりと身につけると、演奏は格段によくなるはずです。

また、細かいリズムが文字通り「見えて」きます。

ぜひ練習してください。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】