【広告】

実感という罠 楽器の演奏に「実感」を求めないようにしよう

ギターを教えていると、生徒さんはつくずく「実感」を欲していることが分かります。

一番単純なことでいうと、弾いている実感です。

多くの人は、無意識的に「今、自分はギターを弾いている!」という実感が欲しくて弦をぎゅっと必要以上に強く押さえ、また必要以上に強く弾きます。

その実感の結果が強すぎる押弦による音程の乱れや、運指のもたつき、ハードピッキングによる音痩せです。

それを丁寧に説明、実演し、正しい力加減で弾いてもらうと、100%皆驚き「弾いてる感覚がない!」と言います。

右手も左手も、ほとんど実感が感じられなくなるほどソフトになるので戸惑うようです。

しかし、それが正しいエレキギターの弾き方であるということは実際の音を聞けば皆納得してくれます。

 

「実感」というものは、おおよそ自己満足と同じです。

それが有効かどうかはまた別の話です。

武道や格闘技で、いかにも効きそうな力強い突きが実践では全然効かなかったという話はいくらでもあります。

またその逆で、軽く出しただけなのにKOしてしまったというような例も多々あります。

それと同じ事でしょう。

 

特に初心者の人は演奏に「実感」を求めないようにしましょう。

その「実感」が、今のあなたの上達を妨げている可能性は十分にあります。

【広告】.

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】