バンドで抜けるギターサウンドの作り方 ヴォーカルとの兼ね合い

以前、バンドで抜ける音を作るためにはアンプのローを削りましょうとご説明しました(下記リンク参照)。

ローを削るとちょっとペラい音になりますが、バンドではベースがその帯域を担当してくれているので問題ありません。

また、一人で音作りをするのをやめよう、とも説明しました。

一人ですると、ただただ自分が好きな音を作ってしまいます。

しかしそれがバンドで抜けるかというと、大抵そうはなりません。

 

さて、今回は、ヴォーカルとの対比で考えてみましょう。

まず、ヴォーカルの声をよく聞いてみてください。

キンキンした甲高い感じか、コシがあって張り出すような感じか、うなるようなこもった感じが(デスメタルなどの歌唱法ならそれ)。

これは、音域(キー)が高いか低いかではありません、声質の話です。

DTMなどで、ヴォーカルの周波数を調べられる人はそうしてください。

 

そして、ヴォーカルの特徴的な周波数が判明したら、ギターからそこの周波数を下げます。

数値で分からない人はなんとなくで結構です。

ヴォーカルがキンキンした声だなと思ったら、ハイを削ってみましょう。

低くてこもっているなと感じたら、ローを削りましょう。

とにかく、ヴォーカルとかぶらないようにギターのサウンドを設定します。

そうしたら、お互いが干渉し合わないので、抜けはよくなります。

このように、抜けとは関係性の産物です。

決してギターの絶対的なポテンシャルではないのです。

 

余談ですが、個人的にギタリストはあまり自分の好きな音に固執するべきではないと僕は考えます。

なぜなら、ヴォーカルやドラムはそう簡単に自分の音を変えられないからです。

だから、そういった楽器(声)に合わせてギターは音を作るべきだと思います。

ギターサウンドの基礎知識

ギターサウンドの基礎知識

 

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】