【広告】

ギタリストはメロディをいろんな場所で弾けるように練習しよう

ギターで難しいのは、同じ音がいろんな場所に散らばっていることです。

だから同じメロディやフレーズでも、いろんな場所でいろんなアプローチがあります。

が、ほとんどの人は一度覚えたらそこでしか弾いていないのではないでしょうか?

それでもいいのかもしれませんが、自分の幅を広げるためには別の場所でも弾けるように練習してみましょう。

例えば、できるだけ同じ弦を使ってみるとか、逆に同じ弦を使っている箇所で弦移動してみるとか。

あと、いつもはピッキングしているところをチョーキングしてみる、など。

 

単純に、同じ音でも弦が変わるとサウンドが変わります。

そういったことも、色々試してみないと分かりません。

一旦覚えたから「できた」ではなくて、そこからさらに探求してみましょう。

そうすることで、よりギターらしいメロディやフレーズが弾けるようになってきます。

コードトーンで脱ペンタ!  一段階上のソロを目指すために

コードトーンで脱ペンタ! 一段階上のソロを目指すために

 

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】