意識を変えるとタイム感よくなる

演奏におけるタイムの善し悪しを、フィジカルな問題だと考える人は多いようですが、僕はメンタルな要素が強いと確信しています。

というのは、タイムで悩んでいる生徒さんの意識の置き所を変えると、いきなりその場で改善されたりするからです。

例えば、メトロノームに合わせてフレーズを歌ってもらうと、ほとんどの人はきちんと歌えます。

で、ギターで弾いてもらうとずれる人が出てきます。

技術がまだ未熟なだけなのかなと思って、一度メトロノームなしで弾いてもらうと指定のテンポより速く弾けたりします。

ということは、フィジカルな問題(技術不足)ではないのです。

 

結論からいうと、メトロノームに合わせられない人は、頭にあるイメージが弾き始めた瞬間消えてしまうのです。

そこで、イメージをくずさずにフレーズを弾けるよう徐々に段階を踏んでいきます。

するといきなりタイムがずれなくなります。

 

何をイメージするかは楽曲によって違うのでここでは説明できませんが、このように、音楽では意識を切り替えたり、統一したりするだけで飛躍的に上達することが多いのです。

残念ながら、まだまだこういった研究は少ないようですが。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】