【広告】

ギターのエクササイズの意味を考えよう

たま~にギター関係の本をぱらぱらと見ることがあるのですが、だいたいどの本にもエクササイズがたくさん紹介されています。

また、ギター動画でも、このエクササイズをやりましょう、みたいなのがよく紹介されています。

しかし、ほとんどは、何のためにそれをやるのかという説明が不足しています。

あるいは、「これをやったらこうなる」といったざっくりとした説明しかありませんん。

ですから、僕からみたら、何のためにそれを紹介しているのかさっぱり分かりません。

 

エクササイズは目的ありきです。

例えば、「皮下脂肪を落としたい」という目的があれば、それに沿った適切なエクササイズを行うことができます。

さらに、「二の腕を引き締めたい」とか、「ウエストを5センチ搾りたい」などと目的がはっきりしていれば、エクササイズはもっと細かく、適切なものを行えます。

しかし、目的が「かっこよくなりたい」とか「きれいになりたい」といったざっくりしたものだと、何をすればいいのかわからなくなってしまいます。

それと同じで、ギターのエクササイズも、はっきりとした目的があるからこそ適切なエクササイズが行えるのです。

そして、目的は細かければ細かいほどいいのです。

ただ単に「ピッキング強化」だとか「オルタネイトの練習」とだけしか説明がないと、一体何をやっているのかわからなくなってきます。

 

また、エクササイズはシンプルでないと意味がありません。

なぜなら、エクササイズとは目的を果たすためだけに存在するものだからです。

別の要素や無駄な動きを入れてしまうと目的がブレてしまいます。

筋トレなんかは地味でシンプルですよね?

それと同じで、ギターのエクササイズもきちんと目的があるものは地味でシンプルなはずです。

派手でカッコいいエクササイズというのは、矛盾しています。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】