【広告】

アドリブを呼吸させるコツは休符をコントロールすること

初心者から中級者のアドリブは、呼吸がないので聞いていて苦しくなってきます。

呼吸とは、休符のバリエイションです。

ほとんどの人は弾きすぎか、休符があってもだいたい同じ間なので、アドリブ全体が固く感じられます。

ではアドリブを呼吸させるにはどうすればいいか?

 

まず、1つフレーズを選びます。

そして、そのフレーズを1回弾くごとに最低4拍以上休符を入れます。

まずは、長い間を取ることになれてください。

4拍でも7拍でも、待てるだけ待って、またフレーズを弾きます。

今度はそのフレーズを少しくずしていきましょう。

最後の音を少し伸ばしたり、変なところで切ったりします。

そうすると、フレーズの切れ目が変わります。

必然的に、休符も変わってきます。

 

このように、休符をコントロールすることでアドリブ全体が呼吸するようになってきます。

かなりしんどい練習ですが、その分成果は出ると思います。

ブログでは詳しくご説明できないので、興味のある方はぜひ教室にお越しください。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】