【広告】

アドリブで使うフレーズは、ただ覚えるだけではダメ

フレーズは覚えるだけではなく、変化させられなくては意味がありません。

覚えたフレーズをそのまま使っているだけだと、つぎはぎにしか聞こえなくなります。

何を変化させるのかというと、

 

 ・開始位置

 ・語尾

 

とりあえずこの二つです。

いつも同じ所から入るのではなく、半拍食って入るとか、一拍遅く入るなど、どこからでもそのフレーズに入れるようにしておくと自然な流れでフレーズが使えるようになります。

そして、いつも全く同じものを弾くのではなく、最後の音をどうとでも変化させられるようにしましょう。

そうすると、次のフレーズへのつなぎも自然になってきます。

アドリブでは、フレーズひとつひとつに対してどれだけ応用変化させられるかが重要なのです。

それができれば、ほんのいくつかのフレーズだけで何コーラスでも弾くことができるようになります。

もちろんそこには一貫性も自然と出てきます。

 

アドリブを練習している方は、やたらとフレーズばかり増やすのではなく、ひとつのフレーズの応用変化を練習してみましょう。

ギタリストのためのアドリブの入り口 ゼロから始めて誰でも学べる画期的アドリブメソッド

ギタリストのためのアドリブの入り口 ゼロから始めて誰でも学べる画期的アドリブメソッド

 

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】