疲れない練習は意味がない きちんと集中し、5分でも効果のある練習を

教室で生徒さんに様々な練習を教えるのですが、きちんとやってもらうとものの5分もすれば皆きつそうな顔をします。

体力的に辛いとか腕が疲れるとかいうことではなく、集中力を要するからです。

その状態になって始めて「練習」と言えます。

逆に1時間やってもけろっとしている場合は、ただ単に流しているだけです。

それでは時間がもったいない。

中身のある練習を集中して行うと、毎日5分でも確実に上達しますが、そうでないものは何時間やっても大して変わりません。

今やっている練習を顧みて、1時間平気でできるという場合は中身を疑ってみるべきでしょう。

中身がないのか、あるいは自分で中身を抜き取ってしまっているのか。

 

とはいえ、なかなかそういったことは自分では理解できないので、お時間がある方はぜひ教室にお越しください。

本当に効く練習をお教えします。

【広告】. 

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】