【広告】

課題を進むことが上達ではない 課題はできるだけ長く継続するべし

ギターを教えていると分かるのですが、生徒さんはとにかく課題をどんどん進めたがります。

課題が進むことで上達を実感したいのでしょう。

しかし、課題が進むことが上達だとは限りません。

むしろひとつの課題を何ヶ月も、ときには何年もこなすことが本当の上達につながるのです。

ですから僕はひとつのことを長く続けます。

また、先に進んでもまた最初の課題(だいたいこれが核になっている)に戻ります。

そうやって核をどんどんと満たしていく、といったイメージです。

課題がどんどん進んでいくと、一見上達しているかのように思えますが、最後までこなしたとき、ふと振り返って「いったい自分は何を学んだのだろう?ここから何が応用できるのだろう?」と途方にくれるといったこともままあります。

 

本当に大事なことをじっくり続けていくと、いつかそれが花開くときがきます。

そのときまでは、忍耐が必要です。

それができない人は課題に振り回されて上達できなかったり、ミュージシャンへの道を諦めてしまいます。

ドリル式の、先々進むような練習法は要注意です。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】