【広告】

エレキギターの生音ほどどうでもいいものはない

時々、エレキギターの生音についてあーだこーだといった意見を聞きます。

やれ生音が大きいだとか、鳴っているだとか。

冷静に考えてほしいのですが、エレキギターを本番で生音で弾くことは一切ないし、生音で録音することもないのです。

生音がよかろうが悪かろうが、アンプにつないでそこそこの音量で弾けば、絶対に聞こえません。

それについて、いいとか鳴っているとか言って何の意味があるんでしょうか?

エレキギターは、アンプにつないだとき始めて楽器として成立します。

生音ではまだ楽器の体裁をなしていません。

だから、エレキギターの生音だけでその楽器を判断することは絶対にできないし、判断の基準にすらなりません。

エレキギターの生音を売り文句にしていたり、生音で楽器の善し悪しを判断するような人の意見は聞かなくてもいいと僕は思います。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】