ギターの練習で大事なのは中身

ただただ反復するだけでは何も上達しません(全くの初心者は別ですが)。

ではどうすればいいのかというと、練習の中身を知ることです。

とはいえ、中身のない練習もありますが。

僕の教室では、練習には全て中身があります。

演奏技術のための練習は、全て脱力を志向します。

脱力を会得するために、エクササイズを行いながら、身体操作を確認していくことが僕の教室のエクササイズの中身です。

ですから、ただエクササイズを反復しても全く何の意味もない、と口を酸っぱくして教えています。

 

中身があるかどうかは、そのエクササイズについてどれくらい解説されているかでおおよそ判断できます。

「これをやればこうなる」といった程度なら、だいたい中身がないと思っていいでしょう。

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】