【広告】

演奏で食っていくための絶対条件

電子書籍版の教本でもちょいちょい書いてますが、演奏で食っていくための絶対条件は「体力」です。

「健康」といってもいいですが、健康で体力がない人には無理です。

まず演奏でものすごく体力を使う上に、長時間の移動、機材の搬入などがあります。

売れないうちは宿をとるお金もないので、機材車やネカフェで仮眠など当たり前。

バンドマンやライブ中心のミュージシャンはみなそういった経験を積んできました。

そうして30前後で自分の体力と今後の活動を天秤にかけ、ステージから離れる人も多いです。

僕の場合は20代前半に早々と見切りをつけたのですが。

音楽は大好きでできればそれで食っていきたい、でも体力に自信がないという人は、演奏以外の仕事を模索するべきです。

無理をすると本当に身体を壊して、二度と楽器が弾けなくなることもあります。

実際そうやって引退した人も多いと聞きます(表には出てこないだけで)。

 

ミュージシャンはライブしてなんぼ、という人は多いですが、僕はそうは思いません。

音楽との関わり方はステージに立つ以外にもたくさんあり、それぞれが音楽に対して重要な役割を担っていると僕は思います。

その中で、自分が他者に必要とされ、また、自分も無理せず伸び伸びと活動できる場所を探せばいいんだと思います。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】