【広告】

疲れていても楽器を練習するべきか、その判断基準

疲れた、眠い、そんなときでも練習するべきかどうか迷うことがありますよね。

僕も昔は結構ストイックな人間だったので、よく疲れを押しても練習していました。

が、その成果があったかどうかというとよく分かりません。

というか、たぶんなかったと思います。

 

疲れていても練習するかどうかの判断としては、「やりたい」か「やるべき」だと思うかで決めましょう。

「やりたい」のなら練習したらいいと思います。

「疲れを押してでもやるべきだからやる」と義務感を感じているのならやめておきましょう。

たぶんそれではいい練習にはなりません。

「疲れを押してまで練習するんだから絶対上達するはず」という打算もどこかあるでしょうし。

一番いいのは、疲れていたはずなのに気がついたら楽器を弾いていて、時間が経っていた、と言う状態。

まあこういう人はいちいち「やるべきか」などとしょーもないことは考えないでしょう。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】