その練習で何を学ぶのか? エクササイズの中身を考えよう

ギター系のブログ記事などを見ると、「ピッキングを上達させるためにはまずこのエクササイズを行ってください」などと書いてあります。

で、『なんでだろう?』と読んでみると、「これがちゃんと弾けるようになるとピッキングはしっかりできるようになっているはずです」といった程度の解説しかありません。

一番大事な中身、「そのエクササイズで何を学ぶのか?」がすっぽりと抜け落ちています。

はっきり言いますが、ギター系のブログ、教本はほとんどこれです。

このエクササイズをやれ、やったら結果が出るから、という乱暴なものばかりです。

 

教本なりブログ記事の有益生を判断する際は、「中身」にどれだけ言及されているかをしっかりと見極めましょう。

「このエクササイズが弾けるようになったとき、あなたは○○になっている」といった程度なら内容を疑った方がいいでしょう。

また、やたらとかっこよさげなエクササイズも眉唾ものです。

目的がはっきりとある場合、エクササイズはその目的のためにシンプル化されるものです。

そうでない場合は、中身がないことを隠すためにエクササイズそのものを格好良く、あるいはやたらと難しくしているということが考えられます。

 

そもそも、エクササイズがかっこよくても何の意味もありません。

目的はそれを弾くことではなく、そのエクササイズをとっかかりとして何かを学ぶことなのですから。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】