【広告】

ギターと体格 手が大きく力が強い人がギターに向いているというわけではない

これもちょいちょい言ってることですが、ギターに有利な体格というものはありません。

手が大きければ有利なわけでもないし、小さいから不利というわけでもありません。

全て一長一短です。

例えば、僕は腕が長く手が大きい方なのですが、そのせいで押さえ辛いコードが沢山あります。

手が小さい人は、そういったコードを楽に押さえることができます。

また、僕は手が大きいためについつい腕の動きが止まってしまい、そのせいで指が固まるということがあります。

手が小さい人は、最初から動かないと弾けないので、つい手が止まってしまうということがありません。

手が大きい人が楽をして、小さい人だけが人一倍努力を強いられるのではなく、それぞれに努力が必要なのです。

余談ですが、力が弱いのはアドヴァンテージになります。

力が弱い人は強い人より楽にギターが上達します。

ですから、女性は男性よりギターに向いているというのが僕の持論です。

 

西洋人のような、ムキムキマッチョが「ギターに適した身体」ではないということを理解していただきたいと思います。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】