【広告】

ギターの練習時間は決めるな

楽器の練習を、毎日○時から○時まで、などと決めている人はけっこう多いかと思います。

上達への欲求が強い人や、プロ志望の人ほどそうなのではないでしょうか?

しかし僕はここ数年、「真面目な練習」というものに疑問を持ってきました。

詳しくはこの本に書いています。 

楽器は真面目に練習すな!

楽器は真面目に練習すな!

 

自分の経験からも、真面目な練習で得たものはほとんどありません。

音大時代、人生で一番真面目に練習していましたが、あのとき何が上達したのかというと何も思い出せません。

それよりも、ここ4、5年執筆の合間に弾きたいときだけ弾くという状態にした方が、気づきも多いし、その分上達、進化し、それが本になったりレッスンで役に立っています。

「毎日○時から始めて○時間練習する」というタイプの人は、人間を過信しすぎ、気分を過小評価しすぎています。

人間は毎日同じ時間に同じ気分でいられるわけではありません。

乗り気じゃなかったり、疲れている時に練習したって進展はありません。

それなら別のことをしてリフレッシュし、次の練習を充実させた方がいいに決まってます。

「では、いつまでも練習の気分が乗らない場合は?」

 

はい、もうそれならやめた方がいいですw

僕が言っているのは、「練習したい、上手くなりたい! でも今日だけはちょっと気分が乗らない、いつもの練習時間だけど、どうもやる気が出ない……それでもいつも通り練習した方がいいのかな」という人へのアドヴァイスです。

 

余談ですが、練習意欲がない人を練習させる方法は存在しません。

インストラクターとして断言します。

僕はレッスン歴10年になりますが、こちらがどれだけ試行錯誤しようが、本人にやる気がなければどうしようもないということを身に沁みて感じます。

「やる気を出させるのがプロだろう?」というのなら、その方法をぜひ教えてもらいたいものです。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】