【広告】

コードが苦手な人に効果的な練習法

コードはある程度知ってるけど、響きの違いが分からないという方(名前とポジションでコードを覚えているだけの方)に効果的な練習方法です。

 

まず、コードをジャーンと鳴らします。

そして、順番にひとつずつ音を弾き、それを歌っていきます。

手順としては、

 

1、全部を鳴らす→一旦ミュート

2、コードの中の一つの音を弾く→それを歌う

3、歌いながらもう一度コードを弾く

4、別の音を弾く→それを歌う

5、歌いながらコードを弾く

……

 

こうするとコードの中の音が浮き立って聞こえます。

ルートや一番高い音は分かりやすいんですが、中の音を聞けるようになるには訓練が必要です。

上記の練習を続けていれば、いずれコードをジャーンと鳴らしただけでだいたいの響き(中に何の音が入っているか)が分かるようになってきます。

ちなみにこれは、「コードを聞いただけでA-7だとかを当てられる」という意味ではありません。

だいたいの響きや、テンションが入っているかどうかがなんとなく分かる、といった程度です。

その程度の方が逆に音楽として発展しやすいのです。

音大生がよくやるようなコード当てゲームは、それはそれで面白いんですが、音楽的な能力としては発展しません。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】