読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

チューニングが狂いにくい弦の巻き方

次の3点に気をつけるとチューニングが比較的狂いにくくなります。

 

1、ペグに巻いた弦の目を詰める。

弦を巻いたとき、隙間が空いていたら、一度軽く緩めてから弦と弦に隙間ができないように間隔を詰めましょう。

 

2、弦を交差させない

また、弦を巻いたとき、弦と弦が交差しないよう、綺麗に巻きましょう。

【広告】

 

3、まず、上に巻いてから下へ

テレキャス、レスポースなどにペグの場合、写真のように、

f:id:k_yahata:20140830194754j:plain

まず、一旦飛び出た弦の上を1回巻いてから下に巻き付けていきます。

 

この3点を守っていると、チューニングは比較的狂いにくくなります。

 【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com