【広告】

ギターを練習している人は長期間その練習を継続してみよう

楽器をやっている人は、なんでもいいのでその練習を最低でも1年は続けてみてください。

そして1年後、他の練習と比べて何が得られたかを考えてみてください。

恐らく他の練習に比べて得られたものが多いはずです。

また、万が一何かを得られなかったとしても、その練習をやらなくてもいいという結論が得られたので、損はしていません。

なぜこんなことを言うのかというと、教室に来る若い子はとにかく早く答えのようなものに到達したがるからです。

時間を押してでも質問し、ひとつでも多くの情報を得ようとする、その態度はいいことなのかもしれませんが、そういったタイプの人が上達したためしはありません。

それよりも、ひとつのことをずっと続けている人の方が確実に上達します。

最低1年、何かを続けてみましょう。

必ずなんらかの成果が得られるはずです。

もちろん、オフも忘れずに。

【広告】. 

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】