エレキギターのダメなフォーム

f:id:k_yahata:20131013140219j:plain

いわゆるクラシカルフォームで弾くために左肩をぐっと下げて左手の自由度を確保するやりかた。

姿勢が極端に崩れているのが分かると思います。

確かに、指は開くようになりますが、体には相当負担がかかりますし、続けていればすぐ壊れるでしょう。

恐らく背中の右側の筋肉が固まり、左の腰にも負担がかかって痛みが出るのではないかと思います。

首も前に出がちになるので、首肩の凝りも出るでしょうね。

左手の指のために、体のあちこち、それもかなり大事な部分を犠牲にする必要はありません。

解決法はもちろん、3FWT(ギタリスト身体論に記載)にすることです。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】