ギターのフォームについて一番大事なこと

ギターのフォームについて一番大事なことは、ギターに身体を合わせるのではなく、身体にギターを合わせるということです。

楽器を弾くために変な姿勢をとったり、手をがばっと開くためだけに背中や腰に負担をかけるのではなく、自然な姿勢をとり、その姿勢でギターが弾けるように持ち方を調節するのです。

僕の教室では一番最初にそれを教えます。

 

ギターをいいポジションに導いていくと、生徒さんの顔が変わります。

「え、こんなに楽なんですか?」と歴の長い人でも驚きます。

それだけ皆さんしんどい姿勢をとりながらギターを弾いて来たということです。

ギターを身体に合わせると、「疲れなくなった」「身体が痛くならなくなった」という報告が必ずよせられます。

これを読んでいる方は、一度フォームを見直してみてください。

詳しくはこちらをどうぞ。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】