【広告】

ギターの弦について考える ギターの弦は新品のキラキラ感が消えてからが勝負

SUGIZOさんのインタビューを読んで。

k-yahata.hatenablog.com

新しい弦は確かにキラキラしています。

が、それって弦のポテンシャルで、自分のタッチとは全く関係ない要素なんですよね。

新しい弦のキラキラ感は誰が弾いても出るものだし。

だからあの新しい弦独特の音がないと自分のサウンドにならないというギタリストは、本当の意味での自分のサウンド(タッチから生まれるもの)を探しそこねてるんじゃないかと思ったりします。

特にキラキラしなくなったらすぐに弦を替える人は。

エレクトリック・ギターという楽器をきちんとコントロールしようと思ったら、むしろ新しい弦のキラキラ感が消えたあたりからが勝負なんですよね。

そこで、自分のタッチからどういう音が出せるのか。

 

新しい弦のキラキラ感は、何かサウンドが魔法にでもかかったかのようで、ウキウキしてしまいますが、それと同時に「なんか違うような……」という違和感もずっと持っていました。

思いがけず、その答えが見つかった素晴らしいインタビューでした。

 

弦をちょこちょこ替える人は、同じ弦を張り続けてサウンドの研究をしてみるのも良いかもしれません。

キラキラ感が消えた弦でどんな音が出せるのか。

もちろん、エフェクトやアンプのセッティングではなく自分のタッチで、です。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】