【広告】

ギターを持たずに素振りをしてみよう

ギターの練習で、効果的だけれど意外とあまりやられていないことがあります。

それは、「素振り」です。

ギターを持たずに、腕の振り方だけを練習する方法です。

主に右手のピッキングですね。

なぜこれが効果的かというと、おおよそ人は道具を使うとき、勝手なイメージが先行します。

ギターでいうと、ジャカジャカ激しく弾くというイメージをだいたいの人が持っています。

だから、どうしてもそのイメージに従ってハードピッキングしてしまいます。

しかし、ギターを持たずに素振りだけさせてみると、たいていの人はちゃんとした動きができています。

どんなに初心者でも、です。

 

要はその動きのままギターが弾ければいいのですが、これがなかなかうまくいきません。

素振りは完璧なのに、ギターの弦に当てた瞬間、スイッチが入ったように力んでしまいます。

 

で、それを改善するために、あえてギターを持たずに素振りばっかりしてみます。

素振りをすることで腕の使い方を体に覚えさせるのです。

そして、従来の間違ったイメージに体の感覚が勝ったとき、ギターを持っても素振り通りの身体操作ができるようになる、というわけです。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】