ギターの音を太くするためにピックアップを下げてみる

ある仮説を思いついて、久々にストラトのピックアップの高さを調節。

仮説とは、<ピックアップを下げる→音が小さくなる→その分アンプのヴォリュームを上げられる→音が太くなる>というもの。

結果としては、狙い通りになりました。

まだ微調整が残っていますが。

ギターのような電子楽器は、いかにして出力を大きくするかがサウンドの要となります。

特に中型から大型アンプの場合は、大きな音を出すことを前提につくってあるので、アンプのヴォリュームが小さいと本来の音が出辛いのです。

ですから、入力(ピッキングの強さやピックアップの高さ)のせいで出力を下げるなんて悪循環も甚だしい。

入力はできるだけ下げて、出力を稼ぐのが正しい機材の使い方だと僕は思います。

実際そうすると音が太くなりますからね。

 

ただ、ノイズが増えたのが難点。

まあこればっかりは仕方ないんでしょうが。

特にシングルコイルだとどうしようもないところはあります。

 

ということで、ギタリスト諸氏は一度ピックアップをぐんと下げてみてはどうでしょうか?

その分いつもよりアンプの音を上げられるはずです。

あと歪みの具合も変わるので、いつものセッティングで検証してみてください。

【広告】. 

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】