ギターのピックアップとピッキングの再考

ここ最近、ピックアップとピッキングについて色々考えています。

ほとんどの人はどんなギター(ピックアップ)でも同じピッキングをしているが、それは間違い。

シングルとハムでは出力が違うのだから、当然入力としてのピッキングは変えるべきです。

 

ストラトなど、シングルコイルの付いているギターがどうも苦手だという人は、ハムのピッキングになっていると考えられます。

逆に、レスポールなどのハムがついたギターが扱い辛いという人は、シングルのピッキングをしているのでしょう。

まずそこを再確認してほしい。

そして、ハムが得意な方はシングルを弾くときはいつもより振り幅を多めにつけてみよう。

ソフトピッキングでは弦を触るだけ、アタックを付ける場合はいつもより大げさに。

シングルが得意な方は、いつもの振り幅を狭めてみる。

特にフォルテに気をつける。

すると、音がきつくなりすぎずにおいしい帯域で強弱が付くはずです。

 

「ピッキングはデヴァイスに左右される」

とりあえず、これだけ頭に入れておくと練習もそれほどとんちんかんな方向には行かないと思います。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】