【広告】

ベッドルームギタリストは一度は大音量でギターを弾いてみよう

ベッドルームギタリストという言葉があるそうです。

バンドを組んだり、人と合わせた経験がなく、ベッドルームでしかギターを弾いたことがない人をそう呼ぶらしい。

「弾いてみた」しか活動していない人もそうなるのでしょうか?

 

僕はこれを否定する気はありません。

まあ、そういう時代なんだろうし、僕自身現状はベッドルームギタリストですからねw

もちろん、僕は今に至るまで様々な音楽経験を積んではいますが。

別に、ベッドルームギタリストに「一回ぐらいバンドを組め、セッションに行ってみろ」と言う気もありません。

興味ないことをやっても疲れるだけですし。

ただ、一度でいいから体験してほしいのは大音量でのプレイです。

これはスタジオに入れば誰でも可能です。

 

なぜ大音量でプレイしてほしいかというと、まず、ソフトピッキングの確認。

アンプの音を出来るだけ上げて、ソフトに弾いてもちゃんと大きい音が出ることを体感しましょう。

アンプのヴォリュームを十分に上げておくと、本当にちょんと触っただけで音が出ます。

それを体感しておくと、自宅でも同じように再現できるようになるはずです。

あと、ある種の機材はヴォリュームを一定以上上げないと本来の音が出ない場合があります。

フェンダーの中型アンプは特にそうですね。

フェンダーのアンプは、ある程度ヴォリュームを上げるとアンプからのナチュラルな歪みが得られます。

たぶん、最近のシミュレイターでもそこそこ再現されていると思いますが、やはり実機で大きい音を出さないとニュアンスは分からないはずです。

マーシャルもある程度ヴォリュームを上げないと出ないテイストがあると思います。

それらを一度も体感したことがないというのはちょっともったいないです。

そして何より、音圧を体で感じること。

どんなに小さなスタジオでも、自宅よりは絶対広いはずです。

その空間の中で、大音量のギターが鳴っているのを、一度は体感してみるべきです。

すると、サウンドに対する感覚が変わってくると思います。

なので、ベッドルームギタリストは月1回でもいいので、機材の豊富なスタジオで個人練習してみてはどうでしょうか?

【広告】.

 

 合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】