ギターの運指について、一度考えてほしいこと

左手をいわゆるクラシカルフォームにして、指をがばっと開いて弾いている人はまだまだ多いと思います。

まあ、これが一番しっくり来るという人も多いと思うのですが、今回考えてみてほしいのは、左手を十分開くために左半身を犠牲にしていないかということ。

左肩をぐっと沈め、腕をネックに潜り込ませるようにすると、確かに左手はかなりがばっと開きます。

が、これってものすごい不自然なフォームなんですよね。

確かに指先は楽かもしれませんが、肩や腰は負担かかりまくりだし、ずっとやってると背骨も不自然に曲がってしまうはずです。

左肩を沈めるのが癖になっているギタリストを見ていると、ギターを持たずに普通に座っているときも左肩がかなり下がって不自然な姿勢となっています。

僕は姿勢と凝りをずっと研究しているので、そういう変な姿勢の人を見ると「ああ、(体の)あそこ押さえたら痛がるだろうなあ」とかだいたい分かります。

上記のプロギタリストたちを見て、きっとあちこち痛めてるんだろうなあと想像しますが、そういった話は全く表にでません。

それはそうですよね、プロがフォームで体を壊しているなんて恥ずかしいですからね。

 

とにかく、指先の自由度のために身体を犠牲にするのはやめましょう。

そして、身体に負担がかからず、しかも合理的なフォームを模索してください。

まあ、つきつめれば僕が提唱している3FWTになるんですが…。

そのへんは「ギタリスト身体論」でご確認を。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 

【広告】.

 

 合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】