初めてのギターにはストラトをおすすめします

仕事柄、「これからギターを買いたいけど何がいいか」という相談をよく受けます。

僕はだいたい、エレキならストラトタイプを薦めています。

ストラトって本当に難しい楽器なんですよね。

プロの人でも「俺はストラト弾けねえ」と言う人もいます。

もちろん、この「弾けねえ」は「弾きこなせねえ」という意味です。

確かSUGIZOさんも近年のインタビューで「やっとストラトが弾けるようになってきた」といったようなことを言っていました。

僕も20年ギターを弾いてきて、やっと最近ストラトが弾けるようになってきた気がします。

まあSUGIZOさんとはレベルが全く違いますが…。

 

「じゃあ初心者には絶対無理じゃん」と思うかもしれませんが、逆転の発想です。

難しい楽器を最初から使っておけば、後々違うギターを持ったとき、比較的簡単に弾きこなせるようになるのではないかと思います。

それに、ストラトが「難しい」というのは、個性が強いとか形が特種とか弾き辛いといった意味ではありません。

むしろ個性は薄いと言えるし、ギターとしてはものすごく弾きやすい部類に入ります。

ただ、ストラトは楽器として完成されているのでその素材をちゃんと引き出すのに腕がいる、という意味で「難しい」のです。

レスポールとかSGなどは癖が強いので、わりと誰でもそのギターの音が出せますが、ストラトの音をちゃんと出せるギタリストはなかなかいません。

そういった、弾きやすいけど奥が深い楽器を最初に持つといいのではないかと思います。

とはいえ、嫌々使う必要は全くありません。

どうしてもレスポールがいい!という人はレスポールで、テレキャスがいいという人はテレキャスを買えばいいと思います。

思い入れの強いギターを使った方が練習もはかどりますからね。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】