ギターの運指を劇的に軽くする方法

あるフレーズを練習しているとします。

左手が追いつかない場合は、親指が固まっているか弦を強く押さえすぎかのどちらかです。

また弾けているとしても、もっと軽くすることも可能です。

そこで、今練習しているフレーズを次の手順で弾いてみてください。

 

1、左手ミュートで弾く

ミュートといっても、ベターっと弦を押さえるのではなく、指使いはそのままで、弦を押さえずに触るだけです。

チョーキングがある場合は、チョーキングしているていで結構です。

1音も出さないつもりで運指しましょう。

仮にミュートで弾く段階でそこそこ音が出てしまっている場合は、押弦が強すぎです。もっと力を抜いて左手ミュートできるようにしましょう。

 

2、ちょっとだけ押弦する

左手ミュートからほんのちょっとだけ指に力を入れて押弦します。すると音が出たり出なかったりします。

ここで全部の音が出た場合はそれでOK。

たぶん、いつもよりソフトに押弦できているはずです。

まだまだほとんどの音がビビっている場合は次に進みましょう。

 

3、押弦の力をすこしずつ強くしていく

びびっている音が消えて、全部の音が綺麗に出るまで少しずつ力を加えていきます。

といっても、ときどきびびるぐらいがちょうどいいんですが。

以前右手について書いたのと同じで、「音がちゃんと出なかったらかっこ悪い」という気持ちは、押弦の力を無意識に強くしてしまいます。

ですから、「力が弱すぎて弦がびびってもいい」というルールを設定しましょう。

そうすると、力の入れすぎを防ぐことができます。

 

この手順で練習すると、みるみるうちに左手が動くようになってきます。

ぜひ試してみてください。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 
ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

 

 

【広告】.

 

合わせて読みたい 

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】