【広告】

ギターのピッキングは空振りを恐れないことが重要

初心者のうちは、ピッキングやカッティングで空振りを恐れるあまり、ついついピックを弦に深く当ててしまいます。

しかしそうするとどうなるか?

弦の抵抗が強いので、ピックをぎゅっと握る必要がでてき、その結果アタックが無駄に強く変にイコライジングのかかった音になります。

「ギタリスト身体論」やブログで何度も言っていますが、ピッキングやカッティングは、ピックの先端が弦に軽くこすれる程度で十分です。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 

もちろん、ずっとそれではダメなんですが、基準としてはそれぐらいで、そこからアタックやダイナミクスが欲しいときは少し深めに入れたり、ピックを少し強く握ったりします。

しかし、この「ピックの先端が弦にこすれる」ピッキングを難しくするのが、<空振り恐怖症>です。

 

確かに、ここぞというフレーズで空振りしたらかっこ悪いですよね。

「空振りしたくない」という気持ちは、無意識的にピックを深く弦に当ててしまいます。

そこで、いったん「空振りしてもいい」という風にルールを設定します。

練習では空振りしてもいい、いずれ来る本番でちゃんと弾ければいい、と。

そう決めると、ピックが弦にこすれるぎりぎりの距離を測りやすくなります。

 

一番簡単な練習は、左手をベタっとミュート、右手で16分音符をカッティング(休符はなし)。

最初は完全に空振りした状態から徐々に弦にピックを近づけていき、かすれるあたりで調節。

音が出たり出なかったりするはずですが、それでいいのです。

そうしてピックと弦の距離感に慣れていきましょう。

慣れてきたら左手も加えてフレーズなどを弾いてみましょう。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】