タイムがブレる原因はこれから弾くフレーズをイメージできていないから

例えば、メトロノームに合わせ16分音符をオルタネイトピッキングで弾き続けるとします。

初心者の方は、たいてい弾きはじめるとすぐにタイムがブレてしまいます。

なぜそうなるのか?

それは、弾き始める前のイメージが全くないからです。

レッスンで僕が「じゃあやってみましょう」と言うと、大抵の方はいきなりメトロノームに合わせて弾き始めます。

当然、すぐに音はズレてきます。

で、次のようにやり直してもらいます。

 

 1、メトロノームに合わせて体を動かす

 2、そのまま4分音符だけを弾く

 3、4分音符を弾きながら16分音符を「タカタカタカ」と歌う

 4、イメージが掴めたら16分音符を弾く

 

こういった段階を踏まえてやってみると、出だしからしばらくはタイムがブレません。

しかし、しばらく弾いているとまたブレてきます。

恐らくそこで16分音符のイメージが途切れたのでしょう。

意外と思われるかもしれませんが、タイムの良い悪いはこれから自分が弾く音符をどれだけ正確にイメージできているかで決まります。

そのイメージがなければ、何時間練習してもタイムは一向によくなりません。

逆に、イメージさえ掴めれば何度やってもブレてしまっていたのが一発で改善されることも多々あります。

イメージはできているけど手が硬いという場合もありますが。

その場合は手の使い方を指導すればすぐによくなります。

 

このイメージは楽曲やフレーズによって違ってくるので、簡単には言えませんが、最低でもまずリズムにのって体を動かし、そのフレーズを歌ってみてから弾くようにしましょう。

そうすればタイムは少しずつよくなってくるはずです。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】